設備が素晴らしい老人ホームに移り住みたい

by author



私が思い描いている人生のプロセスにおいて、人生の後半は賃貸物件が大きな役割を果たす計画になっています。5年前に新築分譲マンションを購入しました。


江東区の看護の基本知識を紹介しています。

あと数年以内にもう一軒新築マンションを購入します。
そしてそのマンションに移り住み、今住んでいる住居を賃貸に出します。
そして13年後に定年退職を迎えてこの2軒を賃貸にだします。

そして退職金と家賃で私はマンスリーマンションに移り住みます。


障害者施設の食事情報を多数ご用意したサイトです。

マンスリーマンションは一種の賃貸マンションです。


デイサービスの開業関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

気に入った土地を転々と移り住むのです。

そしてもう満足と思うくらいマンスリーマンションを満喫した後は、老人ホームに移り住みます。
そのときは2軒の賃貸に出しているマンションを売却します。

老人ホームは私の価値観では、食事、介護付きの賃貸物件という認識です。

老人ホームに移り住むときは、私はもういい年齢なので、全財産を使い切るつもりで生活します。私の人生観で最も大切にしているのは、「やりたいことをやりたいようにして生きる」です。


これを実現するためには、持ち運びのできない不動産がどうしても重荷になってしまいます。

これを避けるために人生の後半を持ち家ではなく賃貸物件に軸足を移すのです。

たった一度の人生です。

やりたいことをやりたいようにするためには、このステップがとても重要になります。

資金シミュレーションはだいぶ前から実行しているので、私の今の考えにブレはありません。

あと13年後に実行します。

有料老人ホームも建設すればすぐに満床になる時代は終わり、サービスの内容が問われるようになっています。
有料老人ホームはここ数年で一気に増加し、過当競争の時代に突入しています。


競争に敗れたところは倒産に追い込まれるケースも出てきています。一時期は豪華マンションのような、ホテル並みのサービスを充実させたものが人気を博していましたが、入居一時金が高額であったり、毎月の入居費用も高額であることから、空室が目立つようになってきています。

魅力の高い訪問介護の開業の知りたかった情報がきっと見つかります。

富裕層の方と貧困層の方との二極化が進行しています。

これからの時代の有料老人ホームは低額な入居費用で建設費用もコストのかからないものへと移行していくと言われています。

低価格、低コストの有料老人ホームで入居者が安心して暮らすことのできるところが主流になると言われています。

言語聴覚士の学校の為になる情報です。

今までのように高額な有料老人ホームは今後、敬遠されると言われています。

低価格で低コストでありながらもサービス内容の充実した有料老人ホームが生き残っていくものとされています。

国や地方自治体もそのような有料老人ホームの建設を推進しています。


サービス付き高齢者向け住宅と称して、補助金を拠出してまで建設を推進しています。超高齢社会で予測される高齢者の住居不足の問題を解決しようとする動きを加速化させています。

既存の有料老人ホームが予測していたよりも建設戸数が伸び悩み、高齢者の住居不足が解消されないままであったのが大きな要因としてあります。

サービス付き高齢者向け住宅を主流としたい国や地方自治体の思惑に新規事業として参入する事業者も現れるようになっています。

既存の有料老人ホームの価格の値下げやサービス内容の更なる充実によってサービス付き高齢者向け住宅との競争になってきます。


住居不足と言われていますが、安心することなく、入居者に満足のいくサービス内容を充実させたうえで入居費用の負担が少ないところが今後は生き残っていくものと考えられます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7758806.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/459415/
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160410/Recordchina_20160410023.html